やることは一度にひとつだけ

時々、あれもこれもやらないといけない!という思い込みで、頭の中がとんでもなく混乱してしまうことがある。

あれを買いに行って、この用事を済ませて、あそこに行かないといけなくて・・・

なんて、頭の中でグルグル考えているうちに、どれからやればいいのか、何を片付ければいいのかがわからなくなって、動けなくなることがある。

でも実際のところ、今この瞬間に片付けられることはひとつだけだよなあ、と思う。

たとえば、電話で話をしながらネットの記事を読んで、爪を切っていたとしても、瞬間瞬間を切り取れば、その瞬間やっていることはたったひとつだけだったりする。

爪を切っているときは話なんて上の空だし、ネットの記事を読んでいるときは爪切りを扱う手は止まっている。

それに関してはどんな人間だって大差ない。一度にできることはひとつだけだ。

そのくせ一気にいろんなことを済ませようとするんだからタチが悪い。

そんなこと、できないんだってば。

結局は、ああ面倒だなと思いながらも「まずこれをやる。そして次にこれをやる・・・」方式で片付けていった方が、物事全体が滞りなくスムーズに進むことが多い。

効率なんてクソ食らえだ。やってりゃそのうち全部片付くんだ。そんなもんだ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ